ボルマン理論戦略で億万長者へ      秒速スキャルピングツールの最終兵器    【Hyper Click Billionaire Scalping】      これまでとは次元の違うスキャルピングトレードを体感してください












モニター様レビュー

 
今回の開発にあたりましては、販売会社のモニター様数十名の方々にご協力いただき、多数のご意見をいただきましたので、その一部を以下にご紹介させていただきます。


【モニター様レビュー】

ティックチャートはやはり凄いです。MT4のインディケーターにもNティック数のチャートを描写できるツールはありますが、まず発注シグナルは出せませんし、スケール調整がうまくできなかったり、ティックデータが溜まるまでまともなチャートが描写できなかったりと、使い勝手があまり宜しくありません。
このシステムを知ってしまったら、もう従来の1分足、5分足だけでトレードすることは出来なくなってしまいました。

【返信コメント】
トレード技術においては私もまだまだ発展途上ですが、このシステムには大きな可能性を感じています。
少なくとも、今後のトレード戦略において本システムなしで考えることはまず有り得ないでしょう。
現在は、ドル円とデフォルト設定のティック数で十分ですが、別の通貨ペアやもう少し大きなティック数の設定を検証してみても面白いかも知れません。

おそらく多くの方々は長期間、時間足(分足)と格闘していて、それでもFXトレードの確かな答えが見つからない為、次から次へと新しい商材の購入を繰り返すのだと思います。
そういう場合は、ちょっと視線を変えてみるのも一つの方法です。
因みに、インヴァスト証券のリアルトレードコンテストで1位になったこともある、億単位で安定した利益を続ける実力派トレーダーA氏もティックチャートを使っていますよ^^


【モニター様レビュー】

こんなシステムは今まで見たことがありません。これまで使っていたインディケーター類と比べると、まるでガラケーからスマホに変わったぐらいの衝撃があります。
本当にこれは原爆級の兵器ですね

【返信コメント】
おそらく、ティックチャートのシグナルと発注クリックを連動させたということにおいては世界初ではないかと思います。ただし、これは私も含め、使う人を幸せにしますね。
世間では、殆どありえない獲得Pipsを謳って喧伝しているとはいえ、よく中身を見てみれば、ほぼ過去のものを焼き直しただけの平凡なシグナルツールに溢れていますが、それを今流行りの軽ワゴンに例えると、本システムはまさにスーパーカーに匹敵するといっても過言ではないかと思います。
HyperClickFXの時もそうでしたが、まだ誰もやっていないものを開発するワクワク感が私の原動力になっています。


【モニター様レビュー】

発注後即、マウスポインタを決済ボタン上に移動できる機能が特に気に入っています!!
ある程度の練習は必要でしょうが、ツールとしてトータルで考えると、収益力の高さ、完成度の高さにおいて抜きん出ているとしかいいようがありません。

【返信コメント】
秒速スキャルにおいては一瞬の遅れが致命傷になることがあり、特に発注直後というのは相場の動きに集中していたいものです。
重要ポイントを超えた瞬間など、決済したい時に毎回決済ボタンの位置を探しているようでは、その僅かなタイムラグがトレードに影響します。
私の場合、このツールなしで勝ち続ける自信がありませんし、何よりトレードが快適になるというのは大きなアドバンテージだと思います。


【モニター様レビュー】

慣れれば慣れるほど面白いほど取れます。トレードが楽しくなって思わずにやけてしまいました。

【返信コメント】
相場状況にもよりますが、エントリーのタイミングに関しては、ある程度機械的に決まってくるかと思います。
後は本システムの可変ストップ機能を素早く使いこなし、相場の勢いを見極めて利確できるようになるとまさに無敵です。
ただ、これは本当にゲーム感覚になりますので、あまりゆっくり構えているような方には向かないかもしれません。
同様に、“チャンスを待つ”という行為自体が出来ない方も、基本的にFX取引には向きません。
投資法云々以前に、基本ルールを守るということがいかに難しいかということにあらためて気付かされると思います。


【モニター様レビュー】

私は自分のやり方でスキャルピングをやるんですが、それでもこのツールは便利です。
直近高値、安値や、その時点のボラティリティーから計算したストップ幅など、意図したポイントへ瞬間的にストップ移動ができるので焦らずに利益を引き伸ばすことができます。
ほかにも挙げればきりがありませんが、ここまで拘った作り込みをしてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

【返信コメント】
MT4のインジケータなども多く作成してきましたが、それらにおけるノウハウも本システムには生かされています。
ティックチャートを駆使したプライスアクション戦略でトレードしている人は大勢いると思いますが、このようなシステムを大真面目に作成している人間は、おそらく世界でも私一人だけではないでしょうか(笑)


【モニター様レビュー】

一日中稼動しています。システムを眺めているだけでも楽しいです。

【返信コメント】
実は、FXのおもちゃとして考えても結構優れております(笑)
私自身がハマッているぐらいですから。^^
「トレードの技量はチャートを眺めた時間に比例する」ともいわれますので、できるだけ稼動してチャートを観察されることをお勧めしますが、普通の分足チャートを見るよりも、本システムのようなティックチャートを見られた方が遥かに情報量が多く、より有効に時間を費やせるのではないかと思います。


【モニター様レビュー】

ライントレードの商材を使っていましたが、騙しが多くほとんど役に立ちませんでした。
ラインの見方が少しわかったような気がします。

【返信コメント】
誰が見ても明らかなトレンドラインや高値安値というのは、一旦揉み合ってからどちらかにブレイクする(更に言えば初期動意で一旦騙してから逆方向にブレイクする場合もある)ので、むしろ丁半博打になりやすいポイントなんです。
一方、このチャートに現れるシグナルというのは、一般的な1分足では見えないのでステルス性が高く、まさに虎の巻を見ているようになります。


【モニター様レビュー】

今まで、ASPランキング上位常連のMT4シグナル商材をいくつも稼動させていましたが、いつのまにか使わなくなってしまいました。
ほかにも目ぼしい商材はいっぱい持っていますが、どれもそんなに変わらない気がします。

【返信コメント】
私も知人に商材コレクターがいるので、大抵の人気商品は稼動させてみてどんなタイミングでシグナルが出るのかだいたいわかっているつもりです。
本当に有効なものであれば、何処のものでも偏見なく私は使いますが、今までそういうものに出会ったことはほとんどありませんでした。
ただ、商材の人気というのは、プロデュース力でほぼ決まりますので、そういうものに人気が集中するというのはいたしかたのない現実だと思います。
本システムは、それらのものとは次元が違いますので、できれば同じ観点から比較しないでいただければ幸いです。
ただ、こういった“高プロデュース力系商材”の信者も、我々勝ち組からすると市場の肥やしとしては意味がありますので、必要不可欠な存在ということになるのかもしれません。




次ページ【Q&A】